春に植えたさつまいもの苗が大きく茎を伸ばし、収穫の季節を迎えて、
おともだち皆でおいもほりに出掛けました。

年長さんは畑の上に長くながく伸びたつるを「うんとこしょ!どっこいしょ!」と、
まるで大きなかぶのお話のように声を合わせながらひっぱりました。

芋ほり茎が太く、強く張っていたため、びくともしないものには皆で手を貸しあう姿は
さすが年長さん!みんなの力を合わせるとあっという間に抜けました。

芋ほり「うぅ・・・抜けない・・」「ぼくもひっぱるー!!」「わたしもー!」

きぐみさんも年長さんの真似をして、つるをひっぱるお手伝い♪

芋ほり
芋ほり

さぁいよいよ土の中にあるおいもを探します!

茶色い頭がちらっと見えてくると、「「あったよー!!!」」
弾んだ声が畑中に響きます。

お芋の姿が少しずつ見えてくると、隣にいたお友達も手伝って、
「みえてきた!」「ほらあとすこし!!」と声を掛け合っていました。

芋ほり

あかぐみさんは初めてのおいもほり!小さな手を一生懸命動かして土を掘ります。

土が硬くなっているところは、スコップで少し掘り起こしてもらいます。

大きなものや長いものを見て、びっくり!!「みてみて~!」
友達や先生に嬉しそうに見せてくれました!

収穫したたくさんのお芋は、その日のうちに2本ずつ
お家に持ち帰りました。次の日には、
早速「おいしかった~!」「おいものてんぷらにしたよ」「お味噌汁にいれたよ」と、
嬉しそうに話してくれました。

園でもふかした芋を皆で頬張り、
こひつじ広場の小さなお友達にもおすそ分け。

これからおいものみそ汁も、
園庭で育てた白菜も加えて青組さんの手作り味噌で味を取っていただきます。

11月には幼稚園のお庭で、やきいも大会を行います!

今から心待ちにしている子ども達です!