10月に収穫したさつまいもを使って、やきいも大会を行いました。

前の日から子ども達もサツマイモを水で洗います。

わくわくしながら気持ちも膨らんだ子ども達は「明日のやきいもたのしみ!」と、
胸を弾ませていました。

そして当日の朝、やきいもの準備を行いました。

やきいも大会
やきいも大会

濡らした新聞紙にお芋を乗せて巻いたあとにアルミホイルを巻きます。

みんな巻くのがとても上手でした。

やきいも大会

「そ~れ!」と掛け声を合わせて、みんなで焚き火の中にお芋を投げ入れました。

みんなは焚き火の真ん中を目掛けて上手に投げていました。

やきいも大会

「おいしいやきいもになりますように・・」と、
神様にお祈りをして、おいもが焼けるのを待ちました。

そして、外で遊びながら待つことおよそ20分・・・

あまい香りがしてきます。

やきいも大会

「おなかすいた~!」と走って集まる子ども達。

あたたかい焼きいもを一つずつ手に渡されると、
「あったか~い!」「いいにおいする!!」と大喜び。

「いただきます」のお祈りをすると、口いっぱいに頬張った子や、
ちょっとずつ大事に口に運ぶ子など、嬉しい気持ちが溢れていました。初めてのやきいもに
「おいしいね」「あまいね」と顔を見合せて食べていたあかぐみさん。

「いいにおいがする~~!!」とくんくんと鼻を動かしていたきぐみさんも。

あおぐみさんは、畑をお借りしている菅原さんやお世話になっている地域の方に
「いつもありがとうございます!」と思いを込めて届けてきました。

「おいしかったね」「もっとたべた~い!!」と話していた子ども達。

秋のおいしい恵みを頂いて、
お腹も心もいっぱいになって笑顔が輝いていた子ども達でした。