青組の子どもたちが「青組だけの特別な一日」を過ごす、“スペシャルデイキャンプ”を行いました!

この日に向けてグループを決めたり、キャンプの活動内容を話し合ったり、みんなで必要なものをお買い物へ行ったり。

キャンプの日が近づくにつれて、「おうちで包丁の練習したよ!」「スイカ苦手だけどおうちで食べてみた!」と、お家での子どもたちの準備も順調な様子でした!「はやくキャンプにならないかな~~??」「あと〇個寝たらキャンプだよね!!」と想いを膨らませながら、準備をしていきました。

キャンプの活動を話し合ったとき、子どもたちの声に『バスに乗りたい!!』との意見がありました。

なかなかお出かけのできない中で過ごす子どもたちに、楽しい思い出を作ってあげたい思いもありましたし、SDGsの働きをクラス活動で取り上げ、「海を守ろう」をテーマに、身近な海や環境を守ることを学んでいたことから、実際に海へ出かけ、貝殻やシーグラスを見つけてこよう!というプログラムとなりました。

ほかには、“お料理”“スイカ割り”“ボディペインティング”“花火”“キャンプファイヤー”など、楽しい活動が盛りだくさんです!!

さぁいよいよ、当日です!!

荷物の入った、大きなケースを抱えて登園してきた子どもたち。マスクをしているのにわかる、とびきりの笑顔!嬉しくてたまらないといった感じでした。『自分で準備したよ!』と胸を張っていました。

開会礼拝はお家の方に見守られて行いました。

イエス様に「かみさま、たのしいデイキャンプとなりますように。ケガなくすごせますように」とお祈りをして、いよいよキャンプの始まりです!

 

★まず始めのプログラムは、お料理!

夕食のカレーライスに使う野菜を切りました。

『おうちでやってみた』『ママに教えてもらった』とお家で教わった子も。

大人の包丁で担当グループの先生に手を添えてもらい、野菜に猫の手を乗せて、そ~っと切ります。一人ずつ挑戦しました。

野菜を切り終えると、「できた~!!」とほっとした表情を見せていました。夕食がますます楽しみになりました。

★お料理の次は、海へお出かけ!ウキウキと気持ちも弾む子どもたち。今日は特別なお出掛けなので、幼稚園のバスではなく、スペシャルなバスに乗ります!

「これにのれるの~~??!」と、飛び上がって喜んでいました(*^-^*)

バスの中では、海でのお約束クイズをしたり、外の景色を眺めて、友達や先生たちと発見したことを伝えあったりしました。バスに揺られて楽しく過ごしているうちに、“岩井崎“の看板や、窓の遠くに海が見えてきました。テンションの上がる子どもたちの歓声がバスの中いっぱいに響きました。

バスを降りると、海の風がふわ~っと吹いて潮の香りと、背丈の高い青々とした松の葉が生い茂る景色が目に飛び込んできました。

海岸近くの見晴らし台の方へ歩いていくと、お日様に照らされてキラキラしていた海面と、空と海の微妙に色の加減が異なる青さと、雲の白さのコントラストがとても美しく、目を奪われました。

「すごいね!!きれいだね!」「あっちまで見えるよ!」と水平線の向こうまで見える景色に大喜びでした。

記念撮影を終えて、海岸へ!お待ちかねの貝殻&シーグラス探しです!集めた貝殻たちを使って、園に戻ったら写真立ての制作をします(*^^*)

「素敵なものを見つけよう!!」意気揚々とグループの先生やお友達と一緒に探し歩きます。

男の子は海の中も気になっていました。カニや魚がいないかとソワソワしていました(笑)

細かな石の中から、丸々としたきれいな石や、小さな白い貝殻は見つかりましたが、シーグラスがなかなか見つかりません・・と、ここで先生から「石の中を掘ってみて!隠れてるかも!」とヒントをもらうと、手で石をかき分け、じっと目を凝らして探していました。

「あ!!!」と、見つけたのは小さなカニの手!『カニさん、手を落としちゃったのかな・・?かわいそう・・』と、優しくも可愛らしいつぶやきが聞こえます。

『忘れ物かもしれないからおいておく』と、決めた女の子の優しさに胸がほっこりしました。

★暑さが厳しく、熱中症の心配があったので、20分ほどでバスに戻りました。

このまま園に帰ろうとしたのですが、今日は特別な日!ということで・・・大島までドライブに行くことに!『やったぁ~~~!!!』と子どもたちと先生達も大喜び!!

バスは三陸道を通って大島へ。島と本土をつなぐ橋(かなえおおはし)を渡ると、「海だ!!」「船がある!!」『なんこあるかな?1・2・・・』と漁港に停泊している船の数を数えたり、気仙沼の街も海も山も見渡せる景色に「モネだね!!」と、“おかえりモネ”の世界と目の前に広がる景色を重ねていました。

 

★ボディペインティングでは、体に塗っても安心な絵の具を使用して、体いっぱいのお絵かきを楽しみました。

最初は絵具のひんやりとした冷たさとにゅるっとした感触にキャッキャと歓声をあげた子ども達。

手のひらいっぱいに絵の具を付けて、よ~~いどん!!友達や先生の体に絵の具をつけようと、鬼ごっこが始まりました!先生達の背中には手形の跡がびっしり!!絵の具が体中にくっついて、面白い姿になっていたので、みんなで笑い合いました(^^)

絵の具を落とし、着替えたら、おやつのスイカを割ります!

目隠しをして、ぐるっと3回まわっってから進みます。『ま~え!ま~え!」『あとちょっとみぎ!」と、教師や友達の声だけを頼りにみんな上手にたどり着くのですが、なかなか割れない丈夫なスイカ。

でも、少しずつヒビが入ったり、割れ目が大きくなってきて、ついにその時が・・!ぱっくりと割れたスイカに大喜び!!みんなの分に切り分けてもらい、テラスに座って美味しく頂きました。

甘くて、冷たい美味しいスイカに1個じゃ足りず、『もう1個食べたい!!』とお代わりの子も多くいました(^^)

 

★おやつを食べて、パワーを充電したあとは、拾ってきた貝殻とシーグラスを使って“写真立て作り”を行いました。

拾い集めた物を丁寧に一つひとつ貼り付けていきます。

貝殻の大きさと配置を考えて、『ここだと写真が見えないかも・・』『こっちにしようかな』と、集中しながらとても真剣な表情で作っていました。

ここで大事件が発生!ある男の子の拾ってきた貝が生きて動いていたのです!!!袋の中に入れていた時は気づかなかったのですが、製作中に箱を見ると、側面を登っている貝の姿が・・!『え~~~!!!!動いてる!!!!』とみんなでびっくり!!!!そんなびっくりハプニングも楽しむことができました(*^^*)

楽しい夏の思い出がたっぷりの素敵な写真立てが出来上がりました!

 

★次はお楽しみ会♬ここでサプライズゲストの“マジシャン・ゆうこ”が登場!

“マジシャン・ゆうこ“とは、子どもたちが昨年の年中の時にクラスで行った誕生会で、ゆうこ先生扮するマジシャンゆうこが度々現れ、子どもたちに面白びっくり!?なマジックを披露してくれていたのです。青組になった今年いつかまた会えることを待ち望んでいた子どもたちは久しぶりの登場に大喜び!!!!

この日だけのスペシャルなマジックで、面白くて楽しい笑い声に包まれたひと時を過ごしました。

 

★夕食の時間には、子どもたちの切った野菜も使ったカレーライスとデザートのフルーツポンチを頂きました。

『いだきま~~す!!!』と勢いよく食べ始めた子どもたち。『ぼくが切ったやつかも!』と自分の切ったものを探しながら、『おいしいね!!』と友達や先生たちと微笑みあいながらおなかいっぱい食べて大満足な様子でした!

 

★夕食を終えて、キャンプファイヤーを行いました。

陽が落ちて空の色が変わっていくと、普段知っている昼間とは違う、幼稚園の雰囲気にちょっぴりドキドキ。

ヒグラシセミの鳴き声を聞き、やわらかな風も心地よく、あたりを静寂が包む中、火を灯されたキャンプファイヤーがパチパチと音を立てて、少しずつ炎を広げていく様子を見守りました。

今日一日のことを振り返りながら、賛美歌を歌い、一日も神様に守られ、ケガなく無事に過ごすことができたことに感謝のお祈りをしました。

牧師先生は「ダビデのように」の歌と踊りを見せてくれて、子どもたちも一緒に火を囲んで踊り、ともに楽しいひと時を過ごしました。

 

★最後はお楽しみの花火大会!!!

いつの間にか暗くなっていたことに気づいた子どもたち。さらにテンションアップ!!花火の約束を確認してから手持ちの花火を楽しみました。友達とする花火は初めて!

嬉しい声や楽しい声が聞こえてきて子供たちの喜びが伝わってきました。

そしてクライマックスは”花火師”となった教師による、打ち上げ花火大会!次々と打ち上げられる、華麗な花火の数々に、歓声をあげ拍手を送りながら見ました。

そして午後7時30分。お家の方のお迎えでデイキャンプを終えました。

神様に守られ、お家の人の応援があって、みんなで心を合わせた一日。

「あおぐみだけの特別な日」として用意されたたくさんのプログラムでしたが、みんなの笑顔があふれた一日でした。2学期に心も体ももっともっとパワーアップした子供たちに会えるのを楽しみにしております。