さわやかな風と澄み渡る青空が広がり、桜の木々にピンク色の花びらが彩りを添える暖かなこの日、令和2年度に入園するお友達をお迎えしました。

例年であれば、新たに入園するお友達とその保護者、そして進級したお友達とその保護者の皆さんと「入園・進級式」を行いますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、時間差をつけて登園して頂き、ご挨拶や保育室の確認を行う会として行いました。

午前は新しいおともだちが、お家の人と手をつないで幼稚園にやってきました。

「おはようございます!」と先生たちがお出迎え(*^^*)

「入園おめでとうございます!」と声を掛けられると、ちょっぴりドキドキしながらも、笑顔を見せた子もいれば、恥ずかしくてお家の方の後ろに隠れてしまう子もいました。

担任の先生と「はじめまして!よろしくね (*^^*)」とごあいさつ。

そして、自分の靴箱やカバンを掛けるロッカーの場所を先生と一緒に確認しました。

「あ!あった!」と自分のマークシールと名前の場所を見つけると、にっこり(^^)

緊張していたお顔も、少しずつほころんできました。

天気も良かったので、少しの間だけ園庭も開放しました。なかなか外で遊べない子ども達、園庭の遊具を使って元気よく遊んでいました!

午後は満3歳児クラスから進級する子ども達が、ピカピカの赤いバッジを胸に着けて登園しました。久しぶりに顔を合わせた子ども達、お友達に会えてと~っても嬉しそう(*^-^*)

「ぼくのなまえあった!!」「あそびたいな~!!」

赤組のお部屋に、自分の名前や大好きなおもちゃを見つけると大喜び

感染拡大防止のため、保育の開始が延期となってしまいました。

「げんきでいてね。またあおうね」と再会の約束を交わしました。

短い時間ではありましたが、元気な子ども達の笑顔と保護者の皆さんにご挨拶ができて、とても良い時間を過ごすことができました。教職員一同、幼稚園の子ども達に会えるのを心待ちにしております(*^^*)