年長さんが味噌造りをしました!

まず1日目はその準備として、大豆を水で洗います。

「お風呂に入ってるみたいだね。気持ちよさそう」

「おもしろ~~い♪」

みんなが順番に洗い終えた頃には、“お豆さん”は水を含んで少しだけふっくらしていました。

その様子を見て、「おいしいお水いっぱい飲んだんだね」と話す声も。

たっぷりのお水に一晩つけて、明日はいよいよ味噌を作ります!

2日目の朝、「きょうはおみそ作るんだよねー!」「たのしみ~~!」と胸を膨らませて登園してきた子ども達。お見送りに来た、お家の方の中には「小さいときにやったことがあって、懐かしいです。いいなぁ~」と話す方もいました。

さぁ、手を洗い、頭にバンダナをつけて、いざ味噌作りの始まりです!

朝から火にかけて、グツグツと煮ていたお豆は、いい香りを漂わせて、幼稚園中に広がっていきました。

「いいにおいする~!!!」と香りに引かれるように、調理室を覗いていました。

美味しいお水をいっぱい吸って、ふんわりと柔らかくなったお豆。その大きさにびっくり!!

洗う前の豆と見比べて「えーーー!!」「すごーい!」と目を丸くしていました。

そして、そのお豆を一口・・パクリ❤

「おいしーーーーい!!!」「お豆だ!!」「えだまめの味がするーー!!」と大喜び!

すると、「もう一個たべたいなぁ・・」とつぶやく声が。

特別にもう一粒ずつ食べて、大満足な子どもたちでした。

さぁ、そのお豆をギュ、ギュ、ギュッと力を入れてつぶします。

「きもちいい~~!」お豆をつぶす感触が気に入って、楽しそう♪

だんだんお豆がつぶれてきました。

そこに、麹と塩と豆の煮汁を混ぜて、もう一度ギュ、ギュ、ギュ・・・

お味噌になっていくのを見ると、さらに気合が入ります。みんな、力を合わせて頑張りました。

みんなが思いを込めて作った味噌を、樽に入れて完成!!・・・ではありません!

これから約5か月、暗い涼しい所で寝かして、おいしいお味噌へと変身するのを待ちます。

お味噌の様子がどうなったのか、時々天地返しをしながら見守っていきたいと思っています。

11月のおにぎり大会で食べる、お味噌汁が今から楽しみな子ども達です(^-^)