長い夏休みの中に夏期登園日を設定して、久しぶりに会う友達や保育者と楽しい一日を過ごしました。

いつもとは少し違うスペシャルなプログラムで、楽しい思い出のひとときとなるようにと願いを込めた一日。

暫くぶりに顔を合わせたお友達は、なんだか少し背が伸びて大きくなったような・・?

髪の毛を切って、ますますかっこよく、かわいく変身したお友達の姿も。

元気いっぱいに登園してくる姿を見て、私達もほっと安心した気持ちとなりました。

この日のプログラムは、プールで遊べる水鉄砲作りやペットボトルを使用した船造りなど、普段の生活ではなかなか出来ない、さまざまな遊びを計画していたのですが・・朝から生憎の強く降る雨・・☂

内容を少し変更し、4つのお部屋ごとに違う遊びを行いました。

まずホールでは、水の代わりに新聞紙を使って新聞紙のプール遊びを行いました。

ビリビリと破くのは得意な年長さん。最初は(やぶっていいの・・?)と困り顔だった年少さんも、お兄さんお姉さんが「こうするんだよ」とお手本をやって見せると、上手にビリビリしていました。

プールに新聞紙のお水がいっぱいになると、「「ジャッポ~~~ン!!!」」と声を揃えてプールの中に入った子どもたち。

紙の中を泳いだり、お友達に掛けたり。

「「せーの!」」の合図で上に投げて、雪を降らせるようにしたりと、キャッキャッと歓声をあげながら遊んでいました。

 

プールのお隣では野菜スタンプのコーナー!

オクラやチンゲンサイ、ピーマンなどを使って、スタンプ遊びをしました。

食べるお野菜に絵の具をつけるので、最初はドキドキしていたお友達も「今日は特別♪」と聞くと思い思いにスタンプをしました。

野菜の切り口の微妙な違いを利用して顔や動物を作ったり、野菜を筆のように工夫をしながら描く子の姿もあり、大人では想像のつかないやり方で、スタンプ遊びを楽しんでいました。

 

青組はカプラ遊びのお部屋です。


年長児が高く積み上げる姿を見て、年中のお友達もお友達と力を合わせていざ、挑戦!上手にできるかな~??

年中のお部屋はブロックが大好きなお友達が集まりました。


あるお友達から始まった。「まるいブロックのお家」は、「手伝う~!」「いれて~!!」とお友達が増えて、力を合わせてあっという間に大きなお家ができました!

この後も高く積み上げて壁が出来あがり、本物のお家のようになりました。

お片付けの声がかかると、名残惜しそうな声で「「えぇ~~~~!!!」」と声を合わていた子ども達でした。

年少のお部屋には、エプロンをつけて、赤ちゃんをおんぶして、気分はおかあさん♪な女の子たちが集まっていました。おままごとのお部屋です。


大きなテーブルにお皿を並べ、おいしいお料理を盛り付けると、お友達や保育者に「どうぞ♡」と御馳走していました。

また、年少さんがお布団に赤ちゃんを寝かせているのを見て、年中さんが「あかちゃんねてるから、しずかにね」と周りのお友達に声を掛けている微笑ましいやりとりもありました。

お昼にはお家の方が作ってくれたおいしいお弁当を食べて、デザートには冷たいスイカを頂きました。

「つめた~~い!」「あまいね」とにっこり笑いながら食べていたお友達。おかわりもしてあっという間になくなってしまいました。

そして「また会おうね!」とさようならの時間。28日から始まる2学期に会えるのを楽しみにしながら、さようならをしました。