いまから160年前の6月の第2日曜日、アメリカ・マサチューセッツ州の教会でレオナード先生が「子どもたちが神様に喜ばれるように、すくすく成長してほしい」と願いを込めて、特別な礼拝を行いました。

それから14年後・・・同じマサチューセッツ州の別の教会で「シャロンのバラの日」と名づけて花と子どもを中心とした特別な礼拝が行われました。

この二つが合わさって、6月の第2日曜日を「子どもの日・花の日」として、世界中で礼拝を守るようになったのです。

愛耕幼稚園でも、毎年この日みんなで花を持ち寄って「子どもの日・花の日礼拝」を行ってきました。

「この花のように」という子ども達みんなが大好きな讃美歌を歌い、私たちも花のように美しい心で成長していけるようにとお祈りをしました。

礼拝の後には、日頃からお世話になっている市役所や消防署、保健所、園医先生などに、年長児がお花と手作りのカードを届けて感謝しました。

また、気仙沼警察署では、お忙しい中署長室に招いて下さいました。

子ども達は「いつもみまもってくださって、ありがとうございます」と署長さんにお花をお渡ししました。

消防署でも、お仕事のお忙しい中、消防士さんと救命士さんにお集まりいただきました。


  
年少児はいつも美味しい給食を届けてくれる給食屋さんに、年中児は、幼稚園のお隣にある生コンさんとお世話になっているバス会社さん、そして畑をお借りしている菅原さんのお宅へお花を届け、「いつもありがとうございます。」「これからもよろしくお願いします。」とご挨拶をしてきました。

お訪ねした先では、お仕事の手を止めて、子ども達の訪問を喜んで下さいました。

子ども達も普段は入れない、また、見ることのできない場所へと招いて下さったことを、とても喜んで、貴重な経験となりました。

お忙しい中でしたが、どこでも温かく迎えて頂き、本当にありがとうございました。