6月16日(土)に家族参観がありました。

当日は、天気が心配でしたが雨が降ることもなく予定していたプログラムで行うことができました。

子ども達はお家の人と一緒に過ごせる喜びいっぱいの気持ちで登園してきました。

第一部は礼拝堂で一緒に礼拝をしました。いつも歌っている讃美歌を歌ったり、チャプレンから聖書のお話をしてもらいました。

そのあと子ども達は、「でんでんむし」の手遊びや「にじ」の歌をお家の人たちにプレゼントしました。

第二部は、クラス毎に分かれて楽しい活動をお家の人と一緒に繰り広げました。どんなことをして楽しんだかちょっとご紹介しましょう!!

もも・あかぐみ

「かんてんあそび」をしました。いろいろな色に染めた寒天を型ぬきしたり、ポンポン・キラキラのスパンコールなどをプリンカップいっぱいに入れると“おいしいデザート”のできあがり!!

どんなデザートができたかな~?

「みて、わたしのは ハートがいっぱいでおいしそうでしょ。」レストランみたいだね。

きぐみ

紙ひこうきをつくりました。ひこうきの形は、お家の人と一緒に相談して決めました。

男の子たちはロケットなどのかっこいい形のひこうきをつくる子どもがたくさんいました。

女の子たちは、ちょうちょやハートなどかわいい形のひこうきを作っていました。きぐみになると、はさみも上手に使えるね。

さぁ、出来上がったひこうきを飛ばしてみましょう!!「1・2・3」どこまでとんだかな~。

「とおくまでとんだよ!!」「あ~あ。おちちゃった。」何度も挑戦するうちに、上手に飛ばせるようになってきました。

あおぐみ

親子サッカーをしました。試合の前には、準備体操で「ダッシュでもうダッシュ!!」の体操をして、体を十分ほぐしました。

さあ、いよいよ試合の開始です。どのチームが勝つかな?みんな一つのボールを一生懸命追い駆けていました。

お家の人とボールを奪い合う場面も。どっちがボールをとるでしょうか。

「こっち!!こっち!!」「とられないように きをつけろ!!」サッカー教室をしているあおぐみさんが一枚うわてのようです。

活動の後は、秘密にしていたプレゼントを感謝の気持ちを伝えながらお家の人に渡しました。

「いつもありがとう。」「わぁ、かわいいね。」「どうも ありがとう。」お家の人も、子ども達もニコニコ幸せいっぱいの笑顔でした。

ずっと楽しみにしていた加速参観だったので、一緒に過ごした時間がとても楽しく、心も体もポカポカになりました。お忙しい中を参加して頂き本当にありがとうございました。