園児全員で気仙沼消防署へ見学へ行ってきました。

前の日から子ども達は「消防車あるかなぁ?」とか年長さんは「レスキューの訓練してるかな?」などと胸をわくわくさせている様子が見られました。

消防署につくと、消防士さん達が手を振って笑顔で出迎えてくれました。「おはようございます!!」と元気なご挨拶をしました。

クラス毎に分かれて、火事のスモーク(煙)体験や、起震体験をし、また年長さんは司令室の見学もさせて頂きました。

火事の煙を体験するお部屋の中では、目の前が真っ白で先が見えないほど煙の中を歩く方法を学びました。

「体を小さくして、煙を吸わないように鼻と口元を押さえて歩きます!」消防士さんに教えてもらったように、体を小さくしてドキドキしながら無事に通り抜けることができました。

次は実際に地震の揺れを体験できる場所での「起震体験」をしました。

「グラグラ・と揺れを感じたら、テーブルの下に潜って、脚を押さえます!」と教わると、最初は笑顔のお友達も、揺れを感じると真剣になってお約束の通り、下に隠れることができました。

消防車が並ぶ車庫も見学させて頂きました。「うわ~!!あれなにーー??」「すごい!」「かっこいい!」目をキラキラ輝かせて、一つひとつ丁寧に教えて下さる消防士さんの話を、まばたきもしないで聞いている子ども達でした。

すると、消防士さんから「ホース触ってみる?」と、普段は触ることができないホースを、特別に触らせてもらいました。

緊張しながらそ~っと触る子ども達・・触らせてもらったあとの笑顔がとてもうれしそうでした。

「たすけて~~!!」・・と声のする方へ目を向けると、訓練用の建物の上に逃げ遅れた(想定)先生の姿が!!

すると、消防士さんがのったはしごがグングンと伸びていきます。高くのびるはしごが、先生の近付いていきます。

「がんば~れ!がんば~れ!!」手拍子をつけて、子供達の声援が響きました。

子ども達の思いが届いて、消防士さんの乗ったはしごが、先生のところまで着くと、「やった~~~!!!」喜びの声と共に拍手が起こり、無事に先生を助けることができました!!!

子ども達が見て、聞いて、体験したことは子ども達にとって、とても良い学びの機会となりました。

今回、お仕事のお忙しい中、丁寧にお話をしてくださり、また訓練の様子を見せてくださった消防署の皆様、本当にありがとうございました。