いまから160年前・・・6月の第2水曜日。
アメリカ・マサチューセッツ州の教会で
“子どもたちが神様に喜ばれるように、すくすく成長してほしい“
という願いをこめて特別な礼拝が行われました。

それから14年後・・・同じマサチューセッツ州の別の教会で
「シャロンのバラの日」と名づけて花と子どもを中心とした
特別な礼拝が行われました。このふたつが合わさって、
6月の第2日曜日を「子どもの日・花の日」として世界中で
礼拝を守るようになりました。

愛耕幼稚園でも、子どもたちがみんなで花を持ち寄って、
「花の日礼拝」を行いました。

flower-day1

「子どもたちが花のように美しい心で成長していきますように」
牧師先生からも、お話・お祈りをして頂きました。

flower-day2

綺麗な花を見つめながら、みんなで「この花のように」のさんびかを歌いました。

♪この花のように うつくしい心を かみさまください ちいさなわたしにも
♪この花のように ひとびとをあいせる こころをください ちいさなわたしにも

礼拝の後、年長・青組さんが幼稚園の代表で
日頃お世話になっている気仙沼の方々に
お花と歌を届けに行きました。

「いつもありがとうございます。お仕事がんばってください!」

flower-day3

警察署、消防署、新聞社や病院など、
全部で8か所の施設に慰問してきました。

flower-day4

年中・黄組さんは、園の近くの北部生コン、黒沢観光、お向いの菅原さんへ
年少・もも、赤組さんは、給食を届けてくださる方に
それぞれ感謝の気持ちを伝えました。

たくさんの方々に守られ、支えられながら毎日の生活があるということを
小さい体で感じる機会になったのではないかと思います。
周りの方々に感謝の気持ちをもって、大きく育っていけますように。