お天気が良く暖かい日差しと青空の下、新造船進水式が行われ、年長児が参加をさせて頂きました。

「みらい造船さんで一番最初に完成した船が、初めて海に入る日」「先生たちも初めてみること」「見たいときに見れるものではない特別でとても嬉しい日」というお話をしながら向かいました。

到着すると、かわいいホヤぼーやのお顔をしたヘルメットを被らせてもらい、見学させて頂きました。

港に大きくそびえ立っていた新しい船。有名なデザイナーさんが手掛けた模様がとても素敵な船体や大漁旗が掲げられている様子と陸上に並んだたくさんの大きな船を見て、「うわ~~~!!!」「おおきいね!!!!」「すご~~い!!!!」と大興奮の子どもたち。

子どもたちを迎えるために様々な準備をして下さっていた関係者の皆様とともに式に参加させて頂き、子どもたちもお話を静かに聞いていました。

式のあとに行われた、お祝いのもちまきにも参加し「3個ひろった!」「ぼくは5個!!」と大喜びでした。

そして、いよいよ新しい船が海へと運ばれていきます。大きな船が少しずつ海に近づいていく様子をじっと見守る子どもたち。「うみのうえでもがんばってね~~!!」「いってらっしゃ~~い!!」と大きく手を振って見送りました。

園に戻ると留守番をしていた年少・中さんや先生たちに、「こ~~~~んなにおおきかったよ!!!」と両手を思いきり伸ばして話していたり、「みんなで手をつないでも足りないくらい大きかったよ!!」と目をキラキラ輝かせながら伝えていました。

海の街でないと見ることのできないとても貴重な経験をさせて頂き、一人ひとりの瞳と心に素敵な思い出として刻まれたのではないでしょうか(*^^*)

お世話になった関係者の皆様、本当にありがとうございました。