令和2年度の運動会を開催しました。

前日から降り続いていた雨を心配していましたが、当日は秋の風が心地よいお日和となり、運動会を開催することができました。
今年度は感染症拡大防止の措置を講じ、プログラムの内容を縮小するなど例年とは異なる方法での開催でした。
笑顔の花を咲かせながら元気パワーで頑張っている、みんなへのエールとなりますように・・・と願いを込めて「みんなにエール~つながる えがお~」をテーマに、子ども達は練習に励んできました!

入場行進では、みんな胸を張り、背筋をのばして、元気いっぱいに入場しました。応援席にお家の方を見つけると、にっこり笑顔で手を振る子ども達(*^^*)さぁ開会式です!

園児を代表して4人の年長さんがはじめのことばを宣誓して幕開けです。
『げんきいっぱいがんばります!!エイエイオー!』と、元気な“とき”の声をあげて、心をひとつにしました!

オープニングはDREAM COME TRUEの「何度でも」の曲に合わせて、年長児がパラバルーンを使った演技を披露しました。
クラスのみんなでテーマを考え、見てくれるお家の方に「いっぱい元気を届けたい!」とバルーンが大きく膨らむように、気持ちを膨らませながら心を込めたオープニングを演じてくれました。

続いて、あか・ももぐみの子ども達による遊戯「やんちゃかいじゅう どっかーん」を踊りました。

普段から踊り親しんでいた、子ども達が大好きな曲です。頭にはそれぞれが目を描いた自分だけの帽子と、手首にはキラキラの飾りをつけてへ~んしん!
一人ひとり本物の怪獣になりきって踊る姿はとてもかわいらしく、踊りきるととってもニコニコ(*^^*)
当日はお家の方を見つけて手を振ったり、嬉しくて楽しくてとびきり元気いっぱいのやんちゃ怪獣になりきることができました!
ドキドキしてちょっぴり照れてしまった子もいましたが、初めての運動会!とってもよくがんばりました!

年中・きぐみさんは色とりどりの大きな布を4人1組で持って、遊戯「イロトリドリ」を踊りました。

音楽やタンバリンのリズムに合わせて布に表情を作りながら、息を合わせて隊形や群舞に挑戦しました。
練習の時はタイミングが合わなかったり、布が歪んでしまってきれいに揃わないこともありましたが、練習を重ねていく度に息が揃うようになり、遊びの中でも友達と練習する姿が見られるようになりました。
当日の子ども達の「ハイ!ハイ!ハイ!」の掛け声は力強く園庭に響き、32人の力も心もひとつになった演技を披露することができました。

年長・あおぐみさんは子ども達の大好きな曲に合わせて、遊戯「紅蓮華」を踊りました。

4色の旗を各々が振って踊りました。曲の要所々々での決めポーズや子ども達だけで隊形の移動をする姿、旗を風になびかせながら、園庭を力いっぱい走る姿など、どれも年長児ならでは!子ども達は演技が終わると、ほっとした表情になりました。子ども達の一生懸命に取り組む思いが伝わり、力強い演技を披露してくれました。

次のプログラムはもも・あかぐみのかけっこ。

先生に名前を呼ばれると「はーい!」と元気なお返事もできました。そして、よ~いどん!の合図でゴールを目指して力いっぱいに走りました。

年中のかけっこでは、トラックをぐるっと半周した先のゴールを目指して走ります。

「はい!!」の返事とまっすぐにのばした手をあげて、お返事もかっこよかったです。
途中で転んでしまった子も最後まであきらめずにゴールまで走った姿は、とても立派でした。
ゴールをしたお友達は園長先生からメダルを首にかけてもらいました。ピカピカメダルにうっとり♡金メダルを勝ち得たような子ども達の笑顔はとてもキラキラしていました。

最後のプログラムは年長のリレー。

32人全員で4チームに分かれて、バトンをつなぎます。
本番当日まで練習を重ねてきた中で様々なドラマがあり、勝った喜びも負けて悔しい気持ちも重ねてきた子どもたち。
「負けない!」「勝ちたい!」とバトンがつながるように子ども達の思いもつながっていきました。

そして、当日。一人ひとり力強く次の友達へバトンを渡そうと必死に走る姿は、迫力満点。
チームの友達への応援の熱も高まります。そして、最後は接戦となり、アンカーがゴールテープを切ると、応援席からは大きな拍手が起こりました。

ピカピカの金メダルをかけてもらうと、子ども達の笑顔もさらに輝いていました。

神様とお家の方に守られて、みんなケガもなく元気に、ちからいっぱいにがんばりましたね!!
早朝からの準備や設営、競技でのお手伝いなど、多くのご理解とご協力を頂き、ご家族の皆様ありがとうございました!