東日本大震災から満3年たった11日、
120名の園児全員による記念礼拝を礼拝堂で行いました。

讃美歌を歌い、チャプレンからは「地震・津波で大変な目に遭って、まだまだ辛いことが続いているけれども、神さまはみんなが立ち上がっていく勇気を与えて下さっています。
神さまの心を知ってこれからも一緒に頑張っていきましょう」と話があり、震災以後全国各方面から寄せられている多くの方々の支援に感謝をしながら、みんなで助け合って毎日を歩んでいこうと一緒にお祈りをしました。
園長はいのちの大切さと災害に備える普段の心がけについて話し、最後は年長児による「しあわせはこべるように」の合唱で、ともに励まし合い成長して行くことを誓いました。
震災時には、全国、そして全世界の方々から沢山の温かい励ましのメッセージと、ご支援を頂きました。心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。
最後に、この度の大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。