あおぐみの子どもたちが、楽しみに待っていたお泊り保育を行いました!

年長さんの一大行事です。

この日に向けて子どもたちはグループ決めをしたり、また、お泊り保育で食べるカレーに使うお野菜やお風呂で使う石鹸などを、近くのスーパーへ自分たちで買い物をしたりと、準備を進めてきました。

初めてのお泊りにさまざまな思いを抱えていた子も居ましたが、当日が近づいてくると、わくわくした気持ちが少しずつ風船のように膨らんでいきました。

初日を迎え、荷物の入った大きなバッグとお布団を抱えてやってきた子ども達。

ワクワクな気持ちがこぼれるように喜ぶ子や、ちょっぴり寂しそうな子、お友達と過ごす時間に気持ちがウキウキしている子など、さまざまな思いを心に込めて32人の子ども達全員がホールに集まりました。

開会礼拝は子ども達、そしてその後ろでお家の方に見守られて行いました。

「神様、どうか私たちの2日間のキャンプがみんなで力を合わせて楽しく過ごせますように・・」と祈りを込めた子ども達。

みんなで顔を合わせ手を手つなぎながら、“キャンプだ ほい!”の歌を声高らかに歌いました。

みんなで声を出すと、ちょっぴり安心した顔になってきました。

さぁ、夏の楽しいお泊り保育の始まりです!

お泊り保育まず最初のプログラムは「お料理」! 夕食に使うお野菜を切りました。

子どもたちがスーパーに出掛けて買ってきたニンジンと玉ねぎ。

そして幼稚園の畑で収穫したじゃがいもを切ります。

お泊り保育

「ぼくできる!」

お泊り保育

「お家でも練習したよ~!」

 
グループの先生に手を添えてもらい、大人が使う本物の包丁で野菜を切りました。

グループのお友達も心配そうに、お友達の姿をのぞき込んでいます。

お家の人に教えてもらった【ねこの手】を上手に使ってお野菜を切りました。

夕食がますます楽しみになりました。

お料理の次は、「ボディペィンティング」!!

お泊り保育
お泊り保育

体に塗っても大丈夫な絵具を使用して、体いっぱいにお絵かきをして楽しみました。

体に塗る時のドキドキと、ひんやりとした絵具の感触にキャーーーー!!!と大きな歓声をあげた子ども達。

緊張していたのは最初だけ♪お友達や教師と園庭中を駆け回ってタッチ♪♪ 体い~っぱいにすてきなお洋服ができました

 

ボディペインティングのあとは、楽しみにしていた「お風呂タイム♪」

園長先生のお家のお風呂をお借りし、「園長先生のお風呂に入ったらつるつるになった!」「きもちよすぎてイケメンになる!!!」と大興奮な様子でお風呂からあがってきました。

ぽかぽかあたたかいお風呂に入って、体も心も癒されて、元気が沸いてきた子どもたちでした。

お風呂のあとには、自分たちでお布団を敷きます。

お泊り保育
「どこに寝ようかな~??」「一緒に寝よう♪」とわくわくしていました。

 

「なんかいいにおいする~!!」「おなかすいた~~!!」と、い~~っぱい遊んではらぺこな子ども達の待ちにまった夕食の時間

お泊り保育

子ども達が切った野菜を使って、園長先生がカレーライスを作ってくれました。

「「「いただきま~~す」」」と挨拶をした途端、勢いよく食べ始めました。

「おいしい~~~❤❤❤」「これぼくが切ったやつだ!」と切った野菜を見つけると大喜びで、おなかいっぱい食べた子ども達。

何度もおかわりをしたお友達もいて、あっという間にカレーの鍋がからっぽとなったのでした。

夕食のあとはキャンプファイヤーを行いました。

お泊り保育

だんだん暗くなっていく空の下、みんなで火を囲み、今日一日を振り返りました。

お友達同士で「夜に会うの初めてだね!!」と話し、昼間とは違う雰囲気にちょっぴりドキドキしていたようでした。

今日一日も神様に守られ、ケガなく無事に過ごすことができました。

「明日も楽しい一日となりますように・・・」

 

パジャマに着替えて、歯磨きをして・・お布団に入ります。

お友達と一緒が楽しくてウキウキしている子もお布団に入ると、スヤスヤと寝息を立てて眠りにつきました。

2日目は、朝4時ころから目が覚めていたお友達。「おはよう」とあいさつを交わして、身支度を整えると、寝ぼけ顔なお友達もだんだんと目が覚めてきました。

2日目のまず最初の活動は、気仙沼魚市場の見学です。

お泊り保育

お泊り保育
お泊り保育

普段は入れない特別な所へ入れて頂き、カツオやタコ、ウ二やメカジキなど水揚げされたばかりの沢山の水産物を見せて頂きました。

子ども達のすぐ目の前で、活きよく動いている魚たちをみて、目を丸くして「うわぁ~!!」と歓声を上げていました。

沢山の漁船とその大きさに驚き、また船によって獲る魚が違うことを教えてもらいました。

魚市場内を一回り歩き、私達が住む気仙沼の勢いのよい市場の様子を見ることができて、子ども達にも貴重な経験となったのでした。

最後のプログラムはスイカ割り!!

お泊り保育
お泊り保育

目隠しをして、一人ひとりスイカ割りにチャレンジ!

先生の声と手拍子を頼りにスイカまで辿りつけるかな?

スイカに竹刀が当たるけれど、なかなか割れないスイカ・・最後にバスの運転手さんがスイカを割ってくれて、みんなで冷たくて甘いスイカをいただきました!

お泊り保育ちょっぴり不安だったけれど、神様に守られ、お家の人の応援があって、みんなで力と心を合わせて、無事にお泊り保育を終えることができました!

一回りもふたまわりもたくましい顔つきになって、ますますかっこよくなったあおぐみさん。

きっと大人になっても、忘れられない思い出の時間となったことでしょう。